すっぽんが女性ホルモンの手助けをする理由

女性にうれしい食材がすっぽん。すっぽんを食べた翌日に肌がぷるぷる、といった経験を持つ方もいるのではないでしょうか。

美肌を作るために欠かせないものが女性ホルモンなのですが、すっぽんには女性ホルモンの分泌を手助けする働きが期待できます。では、どうしてすっぽんが女性ホルモンに影響を与えるのでしょうか。

すっぽんは栄養が豊富

すっぽんには栄養素が豊富に含まれています。含まれている栄養素は、リノール酸、ビタミンB群、カルシウム、鉄分、ビタミンE、アミノ酸などです。

ビタミンB6には、女性ホルモンのエストロゲンの代謝に働きかける作用があります。脳下垂体から指令が出されて卵巣から女性ホルモンが分泌されるのですが、ビタミンEは脳下垂体や卵巣に働きかけてホルモン分泌をコントロールします。

鉄分は赤血球なかのヘモグロビンを作るために必要な栄養素です。鉄分が不足をすると鉄欠乏性貧血になり、体のすみずみに十分な量の酸素を届けることができなくなります。鉄分を摂取して貧血を予防することで、体のすみずみに酸素が行きわたるようになり、女性ホルモンの分泌にもよい影響を与えると考えられます。

カルシウムや鉄分は、生殖器系やホルモンバランスの健康を維持するために必要です。
このように、すっぽんには女性ホルモンの分泌のために摂取したい栄養素が含まれています。

すっぽんの利用方法

すっぽん鍋にすればすっぽんを丸ごと摂取できて、栄養素も丸ごと摂取できます。汁に栄養素が溶け込んでいるので、汁ごと摂取をしましょう。すっぽんにはビタミンCが含まれていないので、野菜と一緒に食べてビタミンCを摂取することがおすすめです。

しかし、すっぽんをそのまま食べることはあまりないと思います。その場合は、サプリメントやドリンクで摂取をするとよいでしょう。

サプリメントやドリンクを利用する場合、どれくらいのすっぽんが配合されているのか、どれくらいの栄養素が含まれているのかを確認してください。すっぽんが女性ホルモンによい理由は、栄養素が豊富に含まれているからです。サプリメントやドリンクに栄養素がほとんど含まれていないようなら、女性ホルモンへの影響は期待できません。

添加物が多いものはすっぽん配合量が少なく、栄養素の含有量が少ないと考えられます。かならず栄養成分表や原材料名を確認しましょう。

また、たくさん摂取したからといって女性ホルモンによい影響を与えるものではありません。1日の摂取量を守って摂取をしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする